住みやすいデザイン住宅を購入!ライフスタイルをおしゃれに演出

暮らしを守る住まい

積み木

地理的条件に合わせて

枚方市では、大学を始めとした教育機関が増えていることから、学園都市としての発展が注目されています。大型のレジャー施設やショッピングモールもあるため、子育てに適した都市としても関心を寄せられています。そのため現在の枚方市では、子育て世帯向けの新築一戸建ての建築がさかんとなっています。枚方市は、東部が山地に面した山麓地帯、西部が川に面した低地帯となっています。そして中心部は標高30メートル程度の丘陵地帯となっているのですが、新築一戸建ては特にここに多く建てられています。山地や川から離れている上に、ある程度の標高があるので、自然災害が発生しにくく、長く安心して暮らせる可能性が高いからです。山麓地帯でも新築一戸建ては建築されていますが、その多くが断熱性と通気性とが高いものとなっています。というのもこの地域では、夏には熱い空気の流れが山地で阻まれるため、気温が高くなりがちだからです。そのため断熱素材が多く使われている上に、自然換気がしっかりとおこなわれる新築一戸建てがよく選ばれているのです。一方西部の低地帯では、高基礎の新築一戸建てに人気が集まっています。基礎に高さがあれば、それだけ川の氾濫などによって屋内に水が入り込んでくる可能性が、低くなるからです。このように枚方市の一戸建ては、地域内の地理的条件に合わせて建築されているのです。そのため基本的にはどの地域で購入しても、快適な暮らしを守りやすいと言えます。